INFORMATION お知らせ詳細

2022.03.04

現場の責任者である店長を目指して

#先輩の声

スタッフ 2018年入社入社

富山大学経済学部経営学科を卒業し、2018年に小嶋屋総本店に入社しました。趣味は学生時代からやっているバドミントンです。 

仕事内容・やりがいは?
私は主にホール業務を担当しておりますが、お客様が当店のサービスやお料理を喜んで頂けるその様子を直接見ることができるのが魅力だと思います。お客様にご来店いただき、喜んでお帰りになった後、またご来店してくだった時はとても嬉しいですし、やりがいを感じます。

仕事で感動することを教えてください!
常連のお客様が自分の名前を覚えてくださり、来るたびに挨拶をしていただいたときは嬉しかったです。自分の動きが良くなかったりと反省することもありますが、また頑張ろうと思えます。

職場はどのような雰囲気ですか?
とても良いと感じています。自店舗、他店舗関係なく親身に相談に乗ってくれる方ばかりですし、パート・アルバイトの皆さんが社員を支えてくれるので、お互いに支えあって店舗運営を行っています。

飲食業界の魅力・小嶋屋総本店の魅力は?
小嶋屋総本店は新潟県の飲食業界の中でもへぎそばのブランド力が強い企業だと思います。競争が激しい飲食業界ですが、他社に負けない強みがあれば生き残ることが可能だと思いますし、小嶋屋総本店にはそれがあると思います。飲食業界は地域に根付いた特色が出やすい業界だと思いますので、その地域の文化を守る役割を担っていおり、貢献しているのが魅力だと思います。

入社を決めた理由は?

私は大学3年時にインターンシップに参加し小嶋屋総本店について知りました。そこでは歴史や沿革、実際にお店で食事を頂き他の参加者とグループディスカッションを行いました。その後就職活動サイトを通じて応募し、SPI試験や2回の面接を行い内定を頂きました。

小嶋屋総本店を志望したのは、私自身経済学を大学で学び、他社に負けない強みのある企業が競争に勝つことができると聞き、そんな企業に入り自分自身も成長したいと思ったのがきっかけでした。小嶋屋総本店ののれんを磨き上げていくため、日々頑張っております。

入社後、どのような研修をしましたか?
入社後は約8日間をかけて新入社員研修を行いました。初めの4日間は座学で小嶋屋総本店の歴史や社会人になる上での心構えを学びました。その後1日休みをはさみ、本店でホールの基本的な動きを学びました。残りの3日間は本店の1室を借りて行い、最終日は本店スタッフとしてオペレーションに参加しました。短い時間でしたが、今でも忘れられない充実した研修でした。

将来の夢や目標を教えて下さい!
今の将来の目標は主任になり現場の責任者である店長になることです。そのためにキッチンのオペレーションや管理もできるようになって1年後に主任になることが今の目標です。